NFTプラットフォームOpen Seaとは?

NFTゲームブログ

2021年を代表する言葉ともいわれている「NFT」それらに関係する言葉もよく耳にするようになりました。その中でOpenSeaを聞いたことがあるかもしれません。OpenSeaとはなんのことなのでしょう?
 

OpenSeaを知るために欠かせないNFTとブロックチェーンについて

OpenSeaがなにかという前にまずNFTとブロックチェーンについて知っておく必要があります。

NFT

NFTは2021年のトレンドともいえる言葉となるほど話題になりました。NFTとはNon Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略です。日本語で表すと、非代替性トークンとなります。

つまり代替不可能、偽造ができないデータという意味であり、それは画像にはじまり、映像、音楽にいたります。

今までのデジタルデータはインターネット上でたやすく複製できることがメリットでもありデメリットでもありました。NFTはそれらをブロックチェーン上にアップすることで、複製や偽造、改ざんからデータを守ることができるようになるのです。

このようにブロックチェーンで守られたNFTはNFTマーケットブレイスで盛んに取引が行われています。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、取引に関する履歴を暗号技術によって元のものから1本の鎖のようにつなげる技術のことです。ひとつの取引履歴からつながる鎖のように複数の履歴がつながっています。改ざんがとても難しく、不正をおこなおうとすると最初の取引履歴まで遡り、それに付随する履歴全てをコントロールしなければいけないというとても複雑なものです。

また複数の同じデータをそれぞれのシステムが把握することで、停止や誤作動が発生しないという仕組みがとられています。

このようにブロックチェーン技術は非常にセキュリティに優れているため、NFTには欠かすことができません。そしてNFTのみならず、さまざまな場面で正確な取引履歴を維持する技術として有効とされ期待が高まっているのです。

NFTマーケットプレイス

マーケットプレイスとは売買、取引するためのネット市場です。NFTマーケットプレイスとはNFT作品の売買や取引をおこなうためのプラットフォームといえます。クリエイターが作品を販売したり、持っているNFTの取引に利用します。それらの取引に必要となるのが仮想通貨です。   

仮想通貨

仮想通貨はNFTとは違いFT(代替性トークン)とよばれます。それらは通貨として、同じ価値のトークンを発行できる手段として取引に利用されています。この仮想通貨を利用することで、NFTの取引が可能となります。Bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)などが代表としてあげられます。これらの仮想通貨は仮想通貨取引所で購入することができます。
 

OpenSeaとは

NFTはブロックチェーンによって安心、安全にNFTマーケットプレイスで取引ができることがわかりました。そのNFTマーケットプレイスで最も最大手のプラットフォームがOpenSeaなのです。

2021年8月現在、アクティブユーザー数は約22万人を超えています。NFTマーケットがそれだけ注目されているということです。

流通総額は約3650億円といもいわれており、飛躍的な成長をしています。OpenSeaでは世界中の有名なアーティストによる作品も多くそれらにアクセスできるという特別な体験も可能です。

売買には仮想通貨が使用されます。事前にWallet(ウォレット)とよばれる仮想通貨を保管しておくお財布のようなもの(Metamaskなど)を接続して、ETH(イーサリアム)やBitcoin(ビットコイン)といった仮想通貨を準備しておく必要があります。
 

OpenSeaでできること

OpenSeaではNFTの作成、出品、購入ができます。まずはOpenSeaの公式サイトへアクセスします。OpenSeaでアカウントを作成するだけで作成して出品すること、他の人のNFTを購入することができます。OpenSeaの特徴を見てみましょう。

無料で簡単にNFTを作成できる

OpenSeaは無料で利用できます。他のプラットフォームでは有料の場合があります。登録・利用が無料という点でもOpenSeaが人気の要因であると考えられます。

初回のアイテム出品時のみガス代が発生します。(ウォレットの初期化代、トークン取引承認代)

また日本語にも対応しているためわかりやすいだけでなく、操作が非常にシンプルであるということも特徴のひとつです。

ユーザーが販売方法を設定できる

OpenSeaでNFTを販売する際、ユーザーが方法を決めることができます。

価格を固定

普通のショッピングサイト同様に、価格を設定することで購入者は表示されている決められた価格で購入することになります、一般的な販売方法となります。初心者の方にもおすすめです。

オークション形式

こちらは、購入希望者同士でかかくを競り合い、より高額な価格を付けたほうがNFTを購入することができる方法です。人気のあるものや需要が高いものはオークション形式で売買されることが多いと考えられます。販売期間やオークションの形式(ダッチオークション)などもユーザーによって設定可能です。

ブロックチェーンの種類が豊富

さまざまなブロックチェーンに対応しているということは、それだけ多くのNFTを取り扱っているということになります。その分、数量や種類も増えるためにそれらを求めて多くの人が集まりやすく、活性化につながります。OpenSeaに人が集まる理由にもなっているようです。

ロイヤリティの設定ができる

作品やアイテムの二次販売されたときにも一定の割合で報酬がもらえるものがロイヤリティです。ここで金額を設定をすることで、自分の作品が売れるたびに還元されることになります。
 

OpenSea以外のプラットフォーム

NFTマーケットプレイスにはOpenSea以外にもプラットフォームがあります。いくつかを比較してみます。

OpenSea

コンテンツ デジタルアート/ゲームアセット/トレーディングカード/デジタルミュージック/ブロックチェーンドメイン/ユーティリティトークン
手数料 初回のみ販売手数料(2.5%)
決済通貨 ETH/MATIC/Klaytn
ウォレット MetaMask/Torus/Portisなど
ネットワーク Ethereum/Polygon/Klaytn/Tezos
https://opensea.io/

Rarible

コンテンツ デジタルアート/ゲームアセット/フォトグラフ/デジタルミュージック
手数料 販売手数料(2.5%)
決済通貨 ETH/WETH
ウォレット MetaMask/Torus/Portis
ネットワーク Ethereum
Rarible: NFT Marketplace
Turn your products or services into publicly tradable items

SuperRare

コンテンツ デジタルアート
手数料 販売手数料(3.0%)ギャラリー手数料(15%)
決済通貨 ETH
ウォレット MateMask/Fortmatic/WalletConnect
ネットワーク Ethereum

https://superrare.com/
 

まとめ

NFTマーケットプレイスで成長中のOpenSeaは、他のプラットフォームと比較しても多くのメリットがあります。コンテンツや決済通貨、ネットワークやウォレットが豊富なこと、そしてシンプルで使いやすいという点が人気の理由であり急成長の秘密なのかもしれません。OpenSeaを利用してNFTを作成してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました